信介農園は、愛媛・宇和島の温暖な気候と、太陽の恵みをよりたくさん受けられる山の斜面の地形を活かし、
まじめに安心・安全を心掛けながら、『うまいみかん』を栽培することに労力を注ぎ、季節に応じた旬のみかんと共に、
全国に笑顔をお届けしたい!!と思っています。
甘いみかんはもちろん、酸っぱいみかん、話題の新品種など、いろんな味をお楽しみください!

まもなく、早生みかんの収穫を開始します。


もうすぐ『早生みかん』の季節ですね。

極早生みかんに比べて、酸味がず~っと少なく、とても食べやすいみかんです。

酸味がご希望の方は、完熟しないうちの早めのご注文をオススメします。

小さ目の果実の、プチみかんも、ご用意できる予定です。
もう少しだけ、お待ちくださいませ。


極早生みかんは、完売しました。

↓極早生みかんは、こんなみかんでした↓
 また来年のご注文をお待ちしております。


糖と酸のハーモニー。まだちょっと暑いこの時期にピッタリ!!

   

この季節、昼間はまだちょっと暑いんですよね~。
たまにはフルーツも食べたいけど、何がいいかなあ?
こんな時には、濃厚な甘さよりも、チョット酸味が効いた『甘酸っぱいみかん』が一番!!

 


2つの収穫方法~『よりどり』と、『みなどり』。


  

 極早生みかんの収穫の方法には、
「よりどり」と「みなどり」の2通りがあります。

 「よりどり(選り採り)」は、果実が美味しそうな色に着色したものから、順に収穫すること。
熟した果実を選びながら収穫するので、とっても手間がかかるのですが、収穫した果実の美味しさにバラツキが少ないのがGood!なのです。

 対して、「みなどり(皆採り)」は、木になっている果実を、片っ端から全部収穫すること。
 市場への大量出荷など、収穫のスピードを優先したい時に行う収穫方法です。

 HPからの販売は、もちろん、『よりどり』した果実をお届けします。

  
みかんどうぞ!



極早生みかんは酸っぱい!?!?

  


極早生みかんはスッパイ!ってイメージしてませんか?

たしかに、早生みかんや、それ以降のみかんよりも、
甘さは控えめです。

ところが、今年は夏の雨が少なくて、果実の中には
糖も酸もたっぷり凝縮されていた後に、晩夏の多雨で
酸が抜け、とっても美味しいみかんができました。

まだ蒸し暑い日々が続くいま、甘いだけのみかんは、
ちょっとまだ食べたくないかな?
やっぱり今は、適度に酸味もある極早生みかんに
手が伸びてしまいます。

ウチの愛娘ちゃんも、気に入って食べてますよ~。



極早生みかん、食べたくなってきました?!

日南1号01 日南1号02

極早生みかんは、新鮮さが大切です。
前もって大量に収穫して貯蔵しておくのではなく、果実はできるだけ木にならせたままにしています。
新鮮なみかんを、ご家庭にお届けします。